『45歳定年制』? 進む、人材の新陳代謝←経営者の重荷となっている高齢層を切るための言い訳では?

『45歳定年制』? 進む、人材の新陳代謝

雇用市場の変化がコロナ禍で後押しされている。政府の会議のメンバーも務め、論客の新浪剛史サントリーホールディングス社長の口から飛び出した「45歳定年制度」。その背景は? 実現性は?

9月9日。緊急事態宣言の最中ということでオンラインで開催された「経済同友会・夏季セミナー」。経済界だけでなく一般にも名の知られた経営者らが参加し、「日本が三流国に落ちていかないようどう変わるべきか」という危機意識のもとに議論が行われた。ここではその中で出た2つのキーワードに注目したい。

『45歳定年制』? 進む、人材の新陳代謝(日本テレビ系(NNN)) - Yahoo!ニュース
雇用市場の変化がコロナ禍で後押しされている。政府の会議のメンバーも務め、論客の新浪剛史サントリーホールディングス社長の口から飛び出した「45歳定年制度」。その背景は? 実現性は?         

以下記事内のコメント

9月9日。緊急事態宣言の最中ということでオンラインで開催された「経済同友会・夏季セミナー」。経済界だけでなく一般にも名の知られた経営者らが参加し、「日本が三流国に落ちていかないようどう変わるべきか」という危機意識のもとに議論が行われた。ここではその中で出た2つのキーワードに注目したい。

日本ではアジャイルがうまく回らないという声を聞きます。

「定年」という考え方が実に昭和をひきずった考え方ではないでしょうか。ダイバーシティが重要視される中、特に日本に必要なのは採用時の「年齢差別の撤廃・罰則化」「新卒採用の廃止」ではないでしょうか。

「定年制の廃止」と「45歳定年制」とでは全く意味が違う。
年齢に関わらず能力や希望や事情に応じて、何歳でも活躍できる場をいかにして提供できるかを考えるのが前者で、それは決して同じ会社に長く勤めることを否定するものではありません。

斬新な提案のようで約10年以上前から議論されてきたことであり、今さら提案すること自体、日本の大手企業経営者のスピード感、さらには世間とのズレを物語っています。

そもそもこれを言ってる人が全員45歳以上。結局は安くこき使い美味しい思いをしたいって事でしょ。

自分で起業した社長が言うなら分かるけど、雇われ社長ごときに言われると腹立つ

40歳でも45歳でもどちらでもいいけど、そう発言している方々、みんなその年齢に達しているよね。まさか、自分は残ろうとしていないよね。

『45歳定年案』については、複数の経営者が賛同を示した・・・・。
同友会も思考が偏っているようですので、メンバーを刷新した方が
良いアイデアも生まれるのでは?


 

日本は終身雇用が前提となっている面があるので、入社後の人材育成が無駄になりにくく力を入れやすい構造になっています。

一方で人材の流動性が低くなってしまうため、賃金を上げなくても人材の流出するリスクが低いので、賃金が上がりにくいという面もあります。

不景気では企業側にリスクが多く、景気が良くなると企業側にメリットが多い代わりに社員はあまり恩恵を受けることができないという感じでしょうね。コロナが広がる前までは企業の業績がよくなってもいまいち景気の良さを実感できないという話をよく聞きましたが、それが要因では無いかと思います。

日本にとって終身雇用が本当に良いのか、今までの仕組みを変えるべきなのかはなんとも言えないところがあります。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました