九州の高校の「朝課外」に疑問の声 「実施要望が根強い」との指摘も←ガイドラインを設けて課外授業や部活の時間は厳しく規制するべきでは?

九州の高校の「朝課外」に疑問の声 「実施要望が根強い」との指摘も

九州の多くの高校で長年続いている「朝課外(あさかがい)」の見直しを求める宮崎県内の生徒側の動きを記事(7月14日付朝刊)にしたところ、読者からさまざまな声が寄せられた。「事実上の強制」となっていることに現場の教員や保護者から疑問の声が上がる一方、実施を希望する保護者の声も根強いという元職員の指摘もあった。反響をまとめた。

九州の高校の「朝課外」に疑問の声 「実施要望が根強い」との指摘も(毎日新聞) - Yahoo!ニュース
 九州の多くの高校で長年続いている「朝課外(あさかがい)」の見直しを求める宮崎県内の生徒側の動きを記事(7月14日付朝刊)にしたところ、読者からさまざまな声が寄せられた。「事実上の強制」となっている

記事内のコメント

大学にいきたかったら自分で学力を高めるんだよ
学習指導要領っていう授業の大まかな設計図があるんだから

ここでも「先生」方に対する善意の労働が求められている
自分で何とかするんだよ塾でも参考書でも通信教育でも

保護者も自分の要望ばかり主張せず、相手や教員の立場を配慮する時代だと思う。勉強させたければ、親子で話し合えばいい。

授業時数をむやみに増やしても、生徒も教師も疲弊するだけ。
進学校の高校生くらいになると効果的、効率的な自学(予習復習)の選択肢と、
適切な心のエネルギー、体力の管理が重要だと思う。

毎日毎日朝から晩まで課題や補習に必死で、主体的な勉強は何もする暇がなかった。
いつもいつも課題提出。
土日も課題ばかり。
くる学校間違えたと思いましたね。

サービス残業は美徳、に似た考えは
もう流行らない時代。

教員です。こうやって課外のことを言われはじめて、数年経ちますが正直やめてもらって結構です。

完全に時代にあっていないやり方です。
教員には勤務時間外に強制的に働かせるわけでしょ?


保護者から要望があるからといってなんでもかんでもやっていてはきりがありません。教員の労働環境の悪化を招きますし、課外授業が不要な生徒に対しても半強制的に行っているとなると時間のムダでしかありません。

教員の数は簡単に増やせたり減らせたりするものでは無いでしょうから、ガイドラインを設けて厳しく規制するべきでは無いでしょうか。

また、課外授業のような時間を増やして受け身の勉強時間を増やしても、受験対策としては問題ないかもしれませんが、そのままでは社会に出てから苦労することになります。どんなことを勉強するべきかの判断も自分でしなくてはいけないですし、周りに教えてくれる人がかならずいるとは限りません。また、就職してからは勉強するにしても時間がそんなにあるわけではないですから、短時間で効率よく勉強する必要も出てきます。

受け身から自発的で効率的な勉強方法に早い段階で切り替えていくことが必要かとも思います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました