求められるのは教員のITリテラシーか

【独自】いじめ小6自殺、亡くなる半年前に市教委が端末パスワード見直し求める…学校は対策せず

 東京都町田市立小6年の女子児童(当時12歳)がいじめを訴えて自殺した問題で、亡くなる半年前、市教育委員会が学習用デジタル端末のパスワードを見直すよう求めていたことがわかった。同校は通知後も対策をしなかったため、女児を中傷する書き込みを多くの児童が閲覧し、いじめが助長された可能性がある。

 児童らに配備された端末は、文字で会話するチャット機能が利用できた。通常は当人同士しか閲覧できないが、同校では、IDは通し番号などから類推できる上、全員共通のパスワードが使われていた。

 市教委によると、昨年5月、市立学校に対し、他人から推定されにくいパスワードにするよう求めたが、同校は設定を変えなかった。

【独自】いじめ小6自殺、亡くなる半年前に市教委が端末パスワード見直し求める…学校は対策せず(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース
 東京都町田市立小6年の女子児童(当時12歳)がいじめを訴えて自殺した問題で、亡くなる半年前、市教育委員会が学習用デジタル端末のパスワードを見直すよう求めていたことがわかった。同校は通知後も対策をし

記事内のコメント

なぜ?市教育委員会からパスワードの改善を求められてからも何もしなかったのか?不思議でなりません。

いつもこういういじめの案件を聞いたり見たりしたときに思うのは、いじめで1番悪いのは誰なんだろうということだ。どうもマスコミは学校や教育委員会を責める風潮があるが、1番はいじめた本人だし、その監督責任の筆頭に来るのは親ではないか?

教員です。
結局、何でもかんでも学校に丸投げです。国は一人一台のタブレットを配っただけ。使い方は各学校に考えなさい。管理も教員に丸投げ。
小学校の先生って教育学部出身ですよ。どれだけの先生がコンピュータを理解しているか。そもそも自分達も使えないのに。どうしろと。
いつもそうなんですが、予算がつくのはハードウェアだけなんです。現場が欲しいのは専門的な知識や技術を持った人です。

論点のすり替えだね。
IDパスワードが類推可能だったことをイジメの問題として火消しに入っている。
パスワードの見直し要求も教育委員会が問題を学校側にしたいが為の話。
端末導入する前に予見できる事は対策しておくべき。


パスワードを共通にすることでいじめを助長したかどうかは微妙なところです。もしかしたらパスワードを個別に設定していたら防げたかもしれませんが、いじめの根本的な原因は別のところにあるのではないでしょうか。

パスワード管理を怠った理由はこれから調査するとのことですが、まぁパスワードを忘れないように一律にしたとか、管理上の手間を省くためとかそんな理由でしょう。教育委員会から指摘を受けたが従わなかったとのことですが、こういうことが教育の現場ではまかり通ってしまうのはいかがなものでしょう。普通の組織なら、上の立場から指摘された問題に対応せず無視するなんて考えられないことだと思うのですが、教育現場ではまぁまぁあることなのでしょうか。すべての学校で、ITについて十分な知識があるとはちょっと考えられないので、こういう体質ではコントロールは難しいでしょう。特にITのセキュリティに関しては、トレンドの変化が早いので、10年前では常識だったということが今ではまったく通じないものもあります。常に新しい情報を取り込んでいく必要があるため、現場の人間に判断できるものではなく、専門家の意見に従うのが無難と言えます。

ただシステムの面倒を見てくれる専門家がいたのかどうかがかなり怪しいと言うかいなさそうなので、現場の対応だけではなく、全体の体制などについても問題があるといえるのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました