エーペックスレジェンズでCS機の非公認コンバーターは完全禁止。BAN祭りの始まりか。

PS4やXBOXなどでコンバーターの使用禁止が開発元のEA責任者から公式に発せられました。

 

参考記事

エーペックスレジェンズ:CS機の非公認コンバーターは完全禁止、EA/Respawnの最新公式見解
最近CS機(PS4やXbox)コミュニティ内で、ソニーやマイクロソフト非公認コンバーターを通したプレイの可否が議論されている『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』。 このコンバーター問題に決着をつけるべく、EAA!!が改めて開発元のElectronic Arts(EA)およびRespawn Entert...

 

CS機はパッド(コントローラー)の使用を前提にしており、パッドの場合は一般的にマウスに比べると照準を合わせにくいため、ゲーム環境による不公平感を緩和するために照準を合わせるのを助ける機能(エイムアシスト)という機能が備わっています。

しかし、最近のCS機はUSB接続で様々な機器を接続することができ、パッドと偽装してマウスを接続することも可能なため、マウスを使用しつつエイムアシストの恩恵を受けることができてしまいます。

これは明らかに開発元の想定していないことで、ゲームに不公平感をもたらす要因になっています。

しかし現状ではコンバーターの使用を検知する手段がなく、正確に不正を行っているプレイヤーのみを排除するのは難しい状況のようで、誤ってBANされる可能性が懸念されています。

現状ではなかなか対応が難しい問題ですが、今後のゲーム業界及びeSportsの発展のためには解決しなければ行けない問題だと思うので、なんとかしてほしいところです。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました