橋本会長がオリパラ総括「成功したかは歴史が証明してくれる」。なにを持って成功とするのか

大会は成功したのか、との問いに「一定のバーは超えられたと思うが、完全な形でやり遂げられなかったので100%成功だったとは言えないと思う」との見解を示した上で、「完全に成功したかは歴史が証明してくれると思っている。今後レガシーを引き継ぐために、どのように活動を起こしていくことが大事と思う」と話した。

橋本会長がオリパラ総括「成功したかは歴史が証明してくれる」IOCバッハ会長には感謝(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
 東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長と武藤敏郎事務総長がパラリンピック閉幕から一夜明けた6日、東京・有明のメーンプレスセンターで総括会見を開いた。  橋本会長は大会直前まで開催を疑問

 


以下記事内のコメント

競技は大変素晴らしかったよ。
問題は、無駄に税金投入して、コロナ禍で国民や選手よりもバッハを優先したことや電通なんかを頼りにしたことは負の遺産として証明されたよ。

競技自体は素晴らしかったし、感動しました。
後は負の遺産にならないよう、税金が無駄に注ぎ込まれない様に後処理をしっかりしてください。

競技自体は、ほとんどの人が満足いくものだったと思うし、日本人も多くの選手が活躍したので成功でしょう。
一方で、招致活動、開催までの準備や費用、コロナ蔓延以降の開催是非をめぐる対応や対策とかは不満に感じている人が多いのは間違いない。

感覚的に盛り上がったから良しとしないで、正直に(第3者機関の監査のもと)収支を開示して欲しい。

間違いなく言えるのは、大幅な赤字が出るのは確実で、それを誰がどうやって補填するのかは明確にする必要がある。

選手の活躍は素晴らしかったことは私も同感。
歴史が証明するだろう。

歴史が証明、となると、確実に大失敗ってことになると思うよ。
日本がこの先経済的に上向きになることはないし、東京都の借金返済は2090年までかかる、


 

概ね競技面については好印象のコメントが多い反面、経済面については悪印象のコメントが多いように思えます。

このコロナ禍の状況の中で、予定していた競技スケジュールを順調に消化できただけでも十分に評価できると思います。

反対に、国や東京都の負担が合計で約1兆円近いところまで膨らんでしまった反面、イマイチ評判の良くなかった開会式、閉会式、多大な維持費の割に機能性に問題があり今後負の遺産として残りそうな国立競技場、かかった費用に見合う経済効果があったのかかなり怪しい面など、経済面で当初の見込み通りの結果を残せたのかはかなり疑問がありますね。

こういうところできちんとした経済効果を生み出せないのは、日本経済がいまいち活気づかない要因になるので、きちんと評価して原因の洗い出し、膿があれば出しておくなどの対処をしてほしいところですが、まぁ色々癒着があるので無理なんでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました